プロフィール


 

 ◆セラピスト

 吉岡 朝香(Yoshioka Asaka)



3姉妹の母であり、セラピスト。

 

 

~私とアロマテラピー&ハーブ・アロマトリートメント~

 植物のパワーと出会い13年。

当時はまだまだ馴染みのなかったアロマテラピー、ハーブの世界。

本当のところを学ぶのも一苦労でした。

しかし当時の本業の傍ら

幸運にもアロマテラピーやフィトテラピー、ハーブを現場で学べる機会を得て

植物のパワーを目の前で見せつけられ、自身で感じることで

ますます引き込まれていき、トリートメントと合わせ必死で学びました。

 

武者修行のような日々。様々な諸説や技法のあるなか、本物の見極めも曖昧な世界で暗中模索のなか、ありとあらゆるサロンやスクールに押しかけ学びと実践の日々。施術数は5000件を越えていました。

 

ですが、多忙になってきた本業も辞めることが出来ず育児にも追われるなか、頭でっかちになりその底知れぬ奥深さに、

一時は勉強することを手放していた時期もあります。

 

でも私自身、特に母という役割の中で植物のパワーにたくさん救われました。

長女はひどい乳児発疹でとても悩み、新米ママの私はまわりには珠のような綺麗な肌の赤ちゃんがいるのに…と泣けてきて長女に申し訳なく思っていたときも救ってくれました。

また日頃は家族の健康管理、日常のケア。

そして子育て中の私は思うように時間を使えない苛立ちやストレス、睡眠不足、辛い身体とこころもアロマやハーブに救われてきました。

(今も現在進行形です!)

今は躍起になっていたときより、もっと柔軟に必要な時に必要なことだけをチョイスし

確かな知識は必要ですが生活の一部として取り入れ

いつも優しく側にある存在になっています。

そしてそれが一番アロマテラピー、ハーブの本来の姿だと考えています。

 

一人でも多くの方の救いになることを願って。


 

~私とマタニティアロマセラピスト~

きっかけは次女妊娠中です。

子宮頚がんⅠAⅠ期の発見~手術を経ての妊娠でとても嬉しかったのもつかの間

長女の時に比べ、ひどいつわりからはじまり、全身のコリ、倦怠感、うつ状態で何も出来ない日々、また何度も風邪をひき、ひどい時は入院しました。

妊婦につかえるアロマをお部屋焚いては、落ち着かせ

トリートメントの効果を知る私は誰かにトリートメントやマッサージをしてもらいたい…とずっと思っていました。

愛知に引っ越してきたばかりで、知り合い頼めるセラピストもおらず、ネットで検索するも妊婦さんお断りの連続の文字。

そして産後も続く心身共に不安定な状態。に加え24時間体制の赤ちゃんのお世話。

こんなにも必要な時に、人に、行き渡らないケアに理不尽さを感じずにはいられませんでした。

 

妊婦さんや新米ママさんに寄り添えるセラピストになりたい。

そう強く心に決めた時でした。

 

三女の妊娠中は自分が被験者です。(笑)

 

そしてマタニティケアに関しての専門知識を学ぶため

三女が母乳を離れてすぐ産婦人科医監修の授業・助産師・栄養士講習のある横浜のホリスティックマタニティ協会に通い(助産院実習)、その後産後ケア、新生児ケア、骨盤ケアを学び、マタニティ・産後の方々への施術を経て今に至ります。(ホリスティックマタニティ協会:http://holistic-maternity.com/

助産院では破水後の助産師妊婦さんの施術をさせて頂き、トリートメントの必要性を心底感じ、またママと赤ちゃんと心繋がる温かい経験をさせて頂いたことは一生忘れることの出来ない経験となりました。

 

気持ちのつまったサロンです♪

~命をかけて成すママたちに~寄り添えるセラピスト人生を全う出来ますよう

日々精進して参ります。